フィンペシアはどれくらいで効果が現れるのか

フィンペシア(100錠と150錠)の画像脱毛を引き起こす男性ホルモンが産出されることで脱毛は進行し、薄毛の状態になります。運動、頭皮のマッサージなど育毛に良いとされる方法は様々ありますが、脱毛を引き起こす男性ホルモンが生産されている状態では効果が薄く、男性ホルモンが生産されている限り、薄毛は進行の一途を辿るとされています。育毛を行うには男性ホルモンの生産を抑制する必要があり、そのためには男性ホルモンを抑制する医薬品を使用する必要があります。2016年現在、男性ホルモンを抑制する医薬品としてプロペシアが有名ですが、値段がある程度高いこともあり、長期的な治療が必須であるAGAの改善において、金銭的な問題で治療に支障をきたす場合があります。近年、そのプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアを服用する人も多くおり、価格が安価でありながら効果は同一のフィンペシアは世界中で広く使用されている医薬品になっています。フィンペシアは男性ホルモンの抑制に効果を発揮し、日本国内における臨床試験ではおよそ8割の患者に効果が認められたとされていますが、長期的な使用においてはじめて効果を発揮する医薬品であり、短期的な使用では効果に期待は持てないとされています。髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、抜けた後、再び元の長さの髪の毛が生えるまでには最低3ヶ月の日数が必要であると考えられています。そのため、フィンペシアの使用を開始したとしても、効果が出るまでには最低でも3ヶ月の期間が必要になり、短期で髪の毛が生え揃うといったことはないとされています。そのフィンペシアの効果が出るまでの期間にも個人差があり、3ヶ月で効果が現れる人もいれば、半年、一年以上掛かる人も存在するとされています。そのため、フィンペシアによる治療は根気強く続けることが肝要であり、結果が出ないからといって使用を中断することは意味を成さないとされています。

フィンペシアはジェネリックだから安い

ジェネリック医薬品プロペシアは効き目が高くAGA対策としても推奨されています。しかし短所として価格が高いという問題があります。医薬品ですので基本的には病院で出してもらう必要があり、しかも保険がききませんので実費での購入になってしまうのです。その為に利用し難い薬とも考えられているところもあります。しかしもっと安くAGA対策をすることはできるのです。その為に役立つのがフィンペシアですが、所謂ジェネリック医薬品ですので安価に購入することができます。プロペシアの半値以下で買うことができますから小さな負担でAGA対策ができるはずです。ただジェネリック医薬品ですと病院では出してもらえないことがあります。プロペシアをメインに扱っているところが殆どですので、病院に相談をしても処方がされないかもしれないのです。もし病院で出してもらうことができない場合は通販を利用して買うしかありません。国内では販売されていないゆえに海外からの取り寄せになりますが、輸入をする場合ですと簡単に入手することができるのです。病院に行かずとも済みますので手軽に入手できるという良さもあります。なお、処方薬の場合でも個人輸入をして手に入れた薬なら問題なく使用することが可能です。個人で使う目的に限定されますが、自身で使用する分には医師の許可は不要となっています。ただし自己責任での使用になりますので、その点について理解した上で使用するのが大原則と言えます。個人輸入をする場合に注意することがありますが、偽物の薬が売られている可能性があることです。偽造薬の存在が問題になっている世の中でありフィンペシアに関しても例外ではありません。特に怪しいサイトで買うとリスクがありますので注意が必要です。

フィンペシアは併用するとより効果が高い?

フィンペシアの錠剤フィンペシアはAGAによる脱毛を改善する為の治療薬です。AGAは特定の物質が原因となり毛根の活動が低下し、それによって脱毛が引き起こされています。フィンペシアには問題の物質を抑制する働きがある為に、低下していた毛根の働きも正常化して脱毛を改善することができるのです。ただし、フィンペシアだけでは薄毛になってしまった状態が改善されないことがあります。フィンペシアの効果は医学的にも認められ脱毛を改善できる可能性が高いのですが、しかしながら言い換えれば脱毛を抑制する働きしかしないのです。要は発毛をさせる働きは持っていませんので、抜け毛は治まる可能性があるものの薄毛の改善まではいかないかもしれないと言えます。発毛作用を持っていないのがフィンペシアの弱点でもありますが、しかしながら発毛剤も併用することによってその弱点を補うことができます。そして特に併用されることが多いのがミノキシジルです。ミノキシジルもフィンペシアと同様に高い効果を持つ薬であり、AGA対策としても使用が推奨されています。強力に発毛を促進する働きを持つ成分ですので、フィンペシアと併用をすることによって効果的な薄毛対策を行えるはずです。なお、ミノキシジルにも弱点があり、それはAGAの根本になっている脱毛物質を抑制できないこと。つまりミノキシジルを使用しても脱毛物質の存在があるせいで発毛効果が低くなってしまう可能性があります。ですからミノキシジルのみでの対策をしても上手く薄毛が改善されないかもしれないのです。両者はそれぞれで得手不得手がある薬ですが、しかし併用することによってお互いの弱点を補うことができ、尚且つ効果的なAGA対策を行えるようになります。

関連記事