最安の永久脱毛やフィンペシアについて

フィンペシアはAGAの特効薬で知られているプロペシアのジェネリック医薬品になります。 5α-還元酵素を阻害する作用が在り、毛周期を乱す悪玉脱毛ホルモンを抑制させることで発毛を期待する事が出来るのはプロペシアと同じです。 プロペシアと比べると値段が安いと言う事からも、フィンペシアを利用される人も多くなっていますが、フィンペシアはインドの製薬会社が製造販売を行っており、個人輸入が必要になって来ます。 フィンペシアは日本では承認が下りていないため、個人輸入での購入と言う形になりますが、個人輸入代行を行っている通販店を利用する事で入手が出来るようになっており、ネットの中を調べる事で販売しているお店の情報を集める事が出来るようになっているのです。 尚、フィンペシアの値段は販売店により異なるため、少しでも安い値段で購入したいと言った場合には最安値のお店を選ぶ必要が在りますが、個人輸入代行業者の中には悪質な業者も含まれており、最安値での販売を行っているお店の信頼性をチェックしておくことが大切です。 所で、AGAは強制脱毛ホルモンが毛周期を乱すことで生じる脱毛症になりますが、毛周期の中でも成長期のサイクルと言うのはレーザーの光を照射させることで永久脱毛が可能になると言った特徴が在ります。 成長期の時に永久脱毛が可能になるのかと言いますと、成長期に入っている毛と言うのはレーザーの光を吸収しやすく、脱毛に適しているからなのです。 吸収されたレーザー光線は熱エネルギーに変換されて、熱エネルギーが毛母細胞組織を破壊し、同じ場所から毛が生えて来なくなると言う事です。 因みに、AGAの場合は、悪玉脱毛ホルモンが毛母細胞の受容体と結合してしまい、毛が生えて来なくなると言った特徴が在ります。

関連記事